骨の病気である骨粗鬆症の怖さ|予防したほうがいい病気

物忘れを防ぐには

女性

物忘れと認知症は異なります。まずは認知症かどうか、医療機関での診断を受けることが必要です。それ以前に、認知症の予防には、生活習慣病の予防が重要です。食事療法や運動療法、薬物療法で対処します。それ以外にも、サプリメントの利用も奏功することがあります。

Read More..

糖尿病の主な症状

サプリ

糖尿病患者は年々増え続けています。しかし、初期状態では自覚症状が現れないため、気づいた時には既に進行していることが多く、尿の回数の増加や体のだるさなどが起こります。治療には様々な方法がありますが、まずはとにかく病院で検査を受けることが重要です。

Read More..

健康的に長く生活する為に

サプリメント

加齢などで骨の中の密度が低下すると、骨自体の強度も低下してしまします。そうすると少しの力で骨折しやすくなります。このような状態を骨粗鬆症と言います。骨粗鬆症で身体が思うように動かせなくなると、日常生活が自分で行えなくなり寝たきりの状態になる恐れもあります。骨粗鬆症は自覚症状がないため自分で気づく事はなく、骨折をした時などに検査で発見される場合が多いです。骨粗鬆症は若いうちから予防したり、早期を発見したりする事が重要になります。予防や早期発見の方法には、内科や外科のある医療施設で骨密度検査を定期的に受ける事があります。自分の骨の状態を日頃から確認しておき、早期から対策を立てておく必要があります。

いつまでも健康で日常生活を送る事が出来るように、骨粗鬆症を予防する様々な方法があります。普段の生活の中で簡単に取り入れる事が出来るのは、食事の中で骨密度に気を付けた栄養分を摂取する事です。乳製品や野菜などからカルシウムを取り入れ、同時に魚やシイタケなどに含まれるビタミンDを摂取する事でより効果が期待されます。日常的に歩く事やストレッチを取り入れる事も効果があります。日光に当たるとビタミンDが作られるため、心地よい日差しの中で散歩を行うのも良いでしょう。ビタミンDを十分な量摂取するためには、サプリメントの服用も良いです。サプリメントはドラッグストアやインターネットの通販サイトから購入することが出来るので、手軽に購入することが可能です。

脳細胞の衰えを防止

脳

アルツハイマーの原因は、脳細胞の衰えにより、エネルギーとなる糖質を吸収できなくなることにあります。予防するには、若いうちからレシチンのサプリメントで、脳細胞の衰えを防いでおくことが大事です。レシチンの摂取により、細胞膜が正常に機能するようになれば、脳細胞は糖質をしっかりと吸収できるようになるのです。

Read More..